江南市の接骨院、整体なら幸師堂接骨院まで
HOME>交通事故治療

| 交通事故の症状 |

むち打ちとは

正式には「外傷性頚部症候群」、「頚部捻挫」という症状になります。

自動車での交通事故では、衝突の際に、首・背中に大きな衝撃がかかります。首がムチのようにしなり、前後に振られ負担がかかるためむち打ち症と呼ばれています。

症状の度合いは軽いものから、後遺症を残すものまでいろいろあります。

 

首の正常な可動範囲を超えることが原因で、首の関節や靭帯の筋肉が傷つき首や背中の痛みが現れて来ます。

 

自動車による追突事故の際に起こることが多いですが、スノーボードや体操といったスポーツの際にも発生します。